作業自動測定

製造業における作業工程のタイムを自動で計測

製造業での活用例です。
AIが作業要素毎に時間の測定をします。

製造現場では生産性向上を目的に時間研究などの作業分析を行います。測定者が目視とストップウォッチ用いて実際の作業や録画された作業映像を繰り返し測定しレポーティングを行う地道な作業になります。これらは作業コストが高く、また測定者の精神的負荷が重いことから頻繁に行うことは極めて困難です。

作業時間の測定をカメラによる撮影とAIによる解析に代替することで、作業コストを格段に下げることが可能です。常時の製造ラインで計測を行うことも可能になり、結果として製造現場での生産性向上施策のPDCAサイクルを劇的に加速できます。

課題

  • 目視による時間研究はコストが高く、頻繁には行えない。

解決

  • カメラとAIによる作業の自動測定により、継続的な時間研究が可能。

Contact Us
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちら