三次元侵入検知による巻き込み事故防止

デプスカメラを活用することで空間への侵入検知、巻き込み事故を防止

製造業などでの活用例です。
物体の深度を測定することのできるデプスカメラを用いて、三次元的に人体と危険エリアの位置関係を把握します。

従来の安全装置では平面的な危険エリアの設定により、実際危険が及ばない位置でも検知していました。そのため、過剰検知による不必要な非常停止が頻発し作業の妨げとなっていました。
深度情報を含めて検知エリアを設定することで、本当に危険なエリアの侵入のみを検知することが可能です。

課題

  • 平面的な危険エリアの設定による、不必要な作業停止。

解決

  • 三次元での位置関係の把握により、本当に危険な侵入のみ検知

Contact Us
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちら