施設内人物トラッキング

複数のカメラを跨いでの人物トラッキング技術で施設内の動線分析

オフィス、小売店舗などの屋内施設での活用例です。
複数のカメラ跨いで人物の同定を行うことで、施設内での個人の動線を分析します。

ビーコンなどの技術を用いて同様の人物トラッキングを行うことも可能ですが、専用のデバイスを個人が用意する手間が生じます。行動認識AIでの人物トラッキング技術であれば、既設のカメラを用いて分析可能で、専用のデバイスを個人に持たせる必要はありません。

課題

  • ビーコンでのトラッキングはデバイスの用意が手間。

解決

  • 既設のカメラなどを活用してAIで人物をトラッキング。

Contact Us
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちら