ペア作業チェック

ペア作業を2人で行っているか確認

工場やデータセンター、金庫などでの活用例です。
現場に設置したカメラから、AIが現場にいる人物の人数をカウントします。一定時間以上一人のみでの活動を確認するとアラートを発報します。

作業員の安全の担保、相互確認よる作業ミスの防止、不正防止などを理由にペア作業を義務付けられている現場があります。しかし実際には現場はブラックボックスになっていることがあり、ペア作業が遵守されているか常に確認する術がありませんでした。

現場のカメラにアドオンする形でAIを活用することで、現場での単独作業の検知、即時発報が可能です。
これにより、現場にいない監督者も状況を把握することができ作業ルールの遵守を促すことができます。

課題

  • 現場のブラックボックス化によりペア作業が遵守されてるか常時確認が困難。

解決

  • 現場の監視カメラで人数をカウント。単独作業時にアラートの発報

Contact Us
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちら