特定ジェスチャー検知

特定のジェスチャーをトリガーに外部へアラートを発報

工場などでの活用例です。
AIがカメラ画像で特定の動作を認識し、外部または監督者にアラートを発報します。

防塵管理、衛生管理が行われている場所においてのトラブル時、作業者は直接機器に触れることができないため、 トラブル対応が遅延することがあります。
AIでのジェスチャー検知をトリガーに外部にアラートをすることで、作業者は何かものに触れることなく迅速に トラブルシューターとコミュニケーションをとることができます。

課題

  • 作業者は直接機器や通信手段に触れられないため対応が遅れる。

解決

  • 現場カメラでAIが特定のジェスチャーを検知することで外部と交信可能。

Contact Us
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちら