乗車確率推定

公共交通機関で乗車確率を自動判断

バスなどの公共交通機関での活用例です。
停留所で待つ旅客がバスに乗りそびれてないかカメラ画像からAIが判断します。

自動運転が社会に浸透していく昨今、バスなどの交通インフラも例外ではありません。そこで直面する課題の一つが不特定多数の乗客候補で誰が乗るのかを判断することです。有人運転のバスであれば、運転手が発車しても良いかどうか目視で確認し発車しています。これには、バス停で待つ人物を確認すること、人物の立ち位置や仕草からバスに乗るか乗らないか判断することなど非常な高度な判断が求めまれます。

AIでの行動認識技術により、人物の存在の認識から乗る仕草を解析することによってこれらの課題を解決します。

課題

  • バス停で待つ不特定多数の乗客候補で誰が乗るのかを判断するのが困難

解決

  • カメラを使った行動認識AIにより、バスに乗りそうな人物を推定

Contact Us
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちら