MCT

MCT
マルチカメラトラッキング(人物同定SDK)

MCT マルチカメラトラッキング(人物同定SDK)

複数カメラによる同一人物の
トラッキングを実現

MCT(マルチカメラトラッキング)は商業施設や公共機関、街中などに設置した複数の異なるカメラ間で同一人物を追跡し、
服装や髪形、昼夜間を問わずカメラ映像に映った「特徴的動作」に基き、シーンに応じて人などに個体識別IDの付与をして
行動体の同一性を特定します。


独自の姿勢推定技術「AsillaPose」により、服装の変化やマスクの着衣などによる
外見の変化にさほど影響されない点が最大の特徴です。

万引き常習犯の検知、迷子・徘徊人の捜索・新規顧客の判定が可能なので、様々な場面での活躍が期待できます。

複数カメラによる同一人物のトラッキングを実現

AIによる高精度全身照合技術

ディープラーニングを活用した行動認識AIにより、複数の異なるカメラ間で同一人物の判定に有用な特徴
(動作・体型・服の色・顔・耳・髪型)を抽出し、高精度に照合することが可能です。

  • 体型
    体型
  • 服装
    服装
  • 顔・耳・髪型
    顔・耳・髪型

ユースケース例

大型施設でのマーケティングや防犯として活用いただけます。
顧客やスタッフの動線分析による業務の効率化をはじめ、施設内における迷子の捜索や、万引き常習犯の検知など多岐にわたります。


また、スマートシティの文脈においては年間9万件にのぼる失踪者の捜索や、繁華街における悪質な呼び込みへの
注意喚起など様々な用途が考えられます。


また、シェアオフィスでの入館管理の無人化など、ニューノーマルに伴うビジネスプロセスの変革にも寄与すると考えています。

  • 万引常習犯の検知

    万引常習犯の検知

  • 迷子/徘徊人の捜索

    迷子/徘徊人の捜索

  • 新規顧客判定

    新規顧客判定

導線分析で行動ルートを可視化

動線分析により来店客の入店から購買までの行動を把握し、店内のレイアウト改善や回遊を促すことが可能です。
また、スタッフの業務の効率化にもお役立ていただけます。

導線分析で行動ルートを可視化

関連特許

「行動体特定システム」特許番号:6793383 複数カメラによる同一人物のトラッキング技術
「行動推定装置」特許番号:6525181 背景を検出し行動の尤度を調整するアルゴリズム
「行動推定装置」特許番号:6525179 関節座標値から行動を認識するアルゴリズム
「対象数特定装置」特許番号:6525180 空間内の人物を時系列でトラッキングするアルゴリズム
「不審体・異常体検出装置」特許番号:6647489 空間内の人物の異常行動を検知
「異常行動検出装置」特許番号:6692086 周囲の人々の行動から異常行動を検知
「不審体・異常体検出装置」公開番号:特開2020-091856 周囲の人々の行動から異常行動を検知